知らない間にうちの会社が褒められてた

いつだか分からないですが、社員の人がNHKの国会中継を見ていたそうなのです。
そしたらなんと、うちの会社の名前が出てきたそうなのです!とは言っても私はもうこの会社を退社しているんですけどね。
その話を聞いて一体うちの会社はどんな問題を起こしてしまったのかと思いましたが、なんとその内容は賞賛する内容だったそうです。
その話を聞いて凄く嬉しくなりました。
テレビでよくシングルマザーの貧困問題などを見たりしますが、うちの会社はシングルマザーでもやる気のある人なら採用しているそうです。
そしてフルタイムとかではなく、出来る範囲希望に沿う形を取っているらしいですね。
その他障害者雇用などでも賞賛の声があるそうです。
確かにこの会社は勤務形態に関してはある程度希望を聞いてくれました。
そしてシングルマザーや障害者ではなくても、誰でも休みを取りやすいというのが良かったですね。
その日突然休んでも代替えすればOKでしたし、凄く良かったです。
うちの会社みたいな所が沢山増えるといいと思います。

金運に見放される人、金運が付く人

金運に見放される人の特徴って分かりますか?それはお金に感謝出来ない人なんだそうです。
「1円をバカにする者は1円に泣く」と言う言葉もありますが、「1円くらいなくなったってどうでもいいやぁ」という考えでは駄目なのです。
その他にも自分の給料のことを「たったこれっぽっちのみすぼらしい給料」と言う人もいますよね。
それもNGなんだそうです。
収入が低い人だとどうしても「たったこれっぽっちしか貰ってない」と言いたくなってしまうものですが、
例え少ないお給料であってもそれをバカにするのではなく感謝出来る人に金運が付くそうですよ!
少ない給料だとしても、雇ってくれる職場があるからお金を貰えているわけです。
雇われなかったら1円も貰えないわけですから、それがスズメの涙くらいであったとしても有難いことなのです。
お鐘が少しでもあることに感謝をして生活すると少しずつ無駄遣いも減ったり、
ひょんなことからお金を手に入れたりして金運が上がるそうなのでお試しあれ。

実話だと信じてしまった某有名私立大学ヤリサーの実態の漫画

某有名私立大学ヤリサーの実態という漫画があるのですが、何やら実話らしいという話を耳にして読んでみました。
こんな事が某大学では行われているのか?ヤリサーってホントにあるのか?もうレイプ状態ではないか!?
正直こんな感想を抱いてしまうほど内容には衝撃を受けてしまいました。
そして、その漫画を教えてくれた大学生の友人にその真意を確かめるべく話を聞いてみたら、
「それ実話じゃないから、はははっ!」
まんまと友人にハメられてしまい、実話だと信じて数週間も過ごしていました。
さらに、その友人はテニスサークルに所属しているというから友人さえもそういう目で見てしまっていました。
元々騙されやすい私ですが、大学のヤリサーの事を考えて悶々としていた時間を返してもらいたいです!
そんな漫画みたいなヤリサーなんてあるわけないじゃん。という言葉に、確かにこんなサークルがあったら大問題だと納得しました。
それにしても、この漫画はリアリティーがありすぎですね。
女の子達の為にも、このようなサークルがない事を祈るばかりですね。
因みに、友人にハメられた漫画はこれです↓
某有名私立大学ヤリサーの実態~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~

料理レシピって、二人分が多くないですか?

毎日食事の支度をしていると、今日の夕食メニューどうしようか?と悩む事があります。
そんな時、結婚する時に買い揃えた料理本やスーパーなどでもらったレシピや新聞の料理欄の切り抜きなどを参考にします。
結婚する時の料理本は、12冊もあって私のバイブルとも言える本で作り方がわからなかった時などのお助け本なのです。
ただ、どちらかというとその本は新婚の新妻向けを想定した物なので、全部レシピが二人分なのです。
結婚して時間が経った今、我が家は五人家族となりました。
本の内容自体は満足しているけど、いちいち分量を計算し直さないといけないんですよ。
普通、料理のレシピって四人分で書かれてますよね。
四人分だと、一個付け以外のレシピならほぼ同量でいけるのであまり考えなくていいんです。
でもこの頃のレシピは、二人分が多くないですか?
料理レシピも老人の二人世帯が増えてきたりして、家族が少人数化してきている現在の世相を反映しているんでしょうか。

俺得修学旅行って男の夢ですね

俺得修学旅行と言う漫画を友人に勧められて読んでみました。
内容は正しく男にとって夢の世界ですね。
男が好きそうな展開を、そして誰もが思いつかないような事をうまく漫画にしてくれた作品です。
漫画という事で、若干やりすぎの部分もあリますが主人公になってその漫画の中に入り込みたくなる想いです。
修学旅行と言えば、男同士で夜中に盛り上がり好きな女の子がどうだとか、あの子が可愛いだとか、
女の子達の部屋に行ってみようだとかとてもテンションが上がりますね。
昔で言うまくら投げなんてしませんから・・・
そして、女の子達もまた男についてこっそりと語っていたりもするんですよね。
ただ俺得修学旅行はそんな甘い体験で留まる事なく、行き着くところまで行ってしまっています。
男が読めば、限りなく理想に近く興奮させられることでしょうね。
もしもこれが大人の修学旅行だったら、現実でもこんな事がありえる話です。
女装に関してはどう考えてもバレるはずです。
そんな無理矢理の流れだけど、夢いっぱいの漫画です。
詳しくは俺得修学旅行|男は女装した俺だけ!(スマホエロ漫画)※奥森ボウイで詳しく解説されています。
画像などもあり分かりやすいですよ。

映画を観にいきました!

「るろうに剣心 伝説の最期編」を観にいきました。
いつもはせっかく映画館に行ってもすぐに眠ってしまう私ですが、京都大火編を観たときは寝ることなく観ていました。
映画館の売店ではるろうに剣心の下敷きとシャーペンと写真集を買いました。待ち時間は写真集をみていたらあっという間でした。
京都大火編もそうですが、今回も凄い迫力で、目をそらす暇もありませんでした。
夜に行ったのですが人気なので、前の方の席しかあいてなくてちょっとがっかりでした。
が、あまりにも集中してみていたので首が痛いなんて全く気になりませんでした。
終わった瞬間全身が痛くてたまらなかったです。
映画の帰り、コンビニに寄ったら、るろうに剣心の漫画があったので立ち読みしました。
ちょうど映画でやっていたところだったのでテンションがあがりました。
そのとき映画の時全く動かずにみていたので全身が固まっていて、ロボットみたいにカタカタした歩き方になっていてちょっと恥ずかしかったです(笑)

草刈

雑草の生命力は旺盛です。
団地暮らしなのですが、地面が土なのであっという間に草ぼうぼうになってしまいます。
ありがたいことに、退職老人の方が善意で年に何回か周辺の草刈りをしてくれます。
刈り払い機と呼ばれる機械で刈っていくのです。
その方は、林業や農業に従事していたわけではありません。
田舎では、一般の家でも、家の敷地周りや道路わきの草刈のために自前でこうした機械を持っていることが珍しくはありません。
特に、中心街から少し離れると草は多くなります。
生やしっ放しにしておくと、見栄えも良くはありません。
また、虫がたくさん発生しますし、散歩などにも不便します。
雨上がりなどは、草にたまったしずくで靴や衣類がびしょびしょになってしまいます小学生の頃、高学年ともなると、ホーや鎌を持参してグラウンド周辺の整備をしたものです。
当時は当たり前の光景でしたが、今はPTAの仕事です。
ホーや鎌を使ったことがない、見たこともないという子どもの方が多いだろうと思われます。

子供って遊びの天才ですね。

台風の影響からか毎日風が強いですね。週末にかけてまた台風が近づいてきているようですし…心配です。
風は強かったですが、今日もいいお天気でした。外で遊ぶには絶好の日和。
わたしの仕事は保育士なので、今日も外で子供たちとたくさん遊びましたよ。
体を動かすのは楽しいですね。
最近は子供たちと泥団子作りにはまっています。この泥団子結構作るの難しいんですよね。
ほどよい固さにするのがなかなかうまくできません。なのに子供たちは…。
丁寧に丸めて、上手にほどよい固さに仕上げていきます。
本当にすごいですよね。
子供って遊びの天才だなあ…とつくづく感じました。
うまく泥団子を作れるようになるまで、何回も作り、練習をすることが大事ですね。
子供たちも泥団子をうまく作れると嬉しそうに見せてくれます。
わたしもいい年をした大人ですが、うまく泥団子を作れると嬉しくなります。
子供たちを見習って、わたしもきれいな泥団子を作れるように頑張りたいと思います。